Clean and quiet hotel in Kathmandu

13 Jun 2024 Alpine Asian Treks

clean and quiet hotel in Kathmandu

こんにちは。
私はネパールが大好きな日本人です。ネパールでは「グルリンポチェ」と呼ばれています。今日は、私の友人であるシェカルさんを紹介させてください。
ネパールは、私の第二の故郷です。初めて訪れたのは2010年。それ以来ネパールの魅力にとりつかれ、足繁く通っています。今回で5回目の訪問になりました。
シェカルさんに出会ったのは、初めての訪問の際、タメル地区で旅行会社を探しているときでした。日本語を操る外国人に最初は警戒していましたが、付き合っていくうちに心から信用できる人だと分かりました。日本人と感覚が似ていて、とても律儀な人です。
タメル地区にある様々な旅行会社と比較しましたが、シェカルさんが案内してくれるツアーが一番安かったです。彼とフェイスブックで友達になると、とても多くの日本人と交友があり、安心してツアーを依頼することができました。今回のネパール旅行の目的は、カイラス山巡礼ツアーに参加することでした。もちろん彼に依頼したのですが、大満足なツアーになりました。
彼に依頼して本当に良かった!そんなシェカルさんがこのたび、ホテルを建てることに。さっそく利用させてもらいました。
ホテルは、キルティプルという街から少し離れた場所にあります。「Green Eco Resort」という名前にふさわしく、緑と自然に恵まれた憩いの地です。

肝心な部屋ですが、日本のホテルと変わらないくらい清潔で、とても広々としています。特にバスルームは、カトマンズの高級ホテルと同じくらい綺麗です。タメル地区にあるホテルではまずお目にかかれない清潔さでしょう。もちろんWi-Fiもサクサクで、ホットシャワーもじゃんじゃん出ました。
とても快適に過ごせます。タメル地区から30分足らずのロケーションにも関わらず、信じられないくらい空気が澄んでいて、ストレス社会の日本から解放された気分になりました。部屋にあるバルコニーからは、ヒマラヤ山脈の絶景を楽しめました。
快晴の日にはエベレストも見えるそうです。夜はカトマンズ中心街の夜景がとっても綺麗!毎朝、バルコニーの椅子に座り、新鮮な空気を吸いながらチャイを啜ります。
その日課がたまらなく贅沢な時間に感じられました。ちなみに、屋上は常にオープンしていて、360度のパノラマが楽しめます。
チョバールからキルティプルの丘、スワヤンブナート、そして背後に聳えるチャンドラギリ山脈まで、雄大な景色を独り占めしたときは感動しました。
ホテルのロケーションは、辺鄙なところにあると思っていたのですが、意外と周辺の観光に適した場所であることが分かりました。
ケーブルカーでチャンドラギリ山脈の丘への登ったり、キルティプルの旧市街を歩いたり、日本山妙法寺までハイキングしたり、数日のんびりと過ごすには最適なロケーションです。
また、ある日はシェカルさんの奥様であるカルパナさんの料理教室も体験しました。
このようなアクティビティや現地の人との触れ合いは、旅に彩を与え、忘れがたい思い出になりますね。カルパナさんの作るネパール料理は、そこらへんのレストランより断然美味しい!ぜひ食べてみてほしいです。

ホテルまでのアクセスですが、シェカルさんに連絡すれば迎えに来てくれます。
タメル地区でも、空港でも、カトマンズ近辺ならどこでも大丈夫です。

もしくは、バスが通っているので丁寧にホテルまでの乗り継ぎ方を教えてくれます。
空港からホテルまでは15km、タメル地区からホテルまでは10㎞です。
滞在中に希望するアクティビティがあれば、シェカルさんに伝えれば何でも相談に乗ってくれます。例えばカメラマンの方であれば、周辺地域へ地元の人しか知らないような撮影ポイントに連れて行ってもらったり、キルティプルの散策ツアーやトレッキングツアーなどです。
他にも、「あれ食べたい!」とか、「これ買いたい!」とかでも大丈夫です。

カトマンズ盆地内の観光へはもちろんのこと、ポカラやルンビニなどの遠くへ行く場合でもチケットを格安で手配してくれます。つらつらと宣伝しましたが、私はシェカルさんからお金を受け取って宣伝しているわけではありません。

ただ、彼は少し不器用で宣伝が苦手なので、私が代わりに日本語で案内ようと思っただけです。グリーンエコリゾートは、とても落ち着いて滞在できる空間です。
また泊まりたくなること間違いなし!

Contact Shekhar:
Cell: +9779813670109
Land Line: +977-1-5213199
Email: alpineasiantrek@gmail.com
Website: www.greenecoresort.com

もし必要であれば、私が日本語でメールのやりとりができますので、いつでも連絡してほしいです。日本人だからこそ何か適切なアドバイスができるかもしれません。
”グルリンポチェ” greenecoresort_japan@yahoo.co.jp
ホテルのロケーションは、辺鄙なところにあると思っていたのですが、意外と周辺の観光に適した場所であることが分かりました。 ケーブルカーでチャンドラギリ山脈の丘へ登ったり、キルティプルの旧市街を歩いたり、日本山妙法寺までハイキングしたり、数日のんびりと過ごすには最適なロケーションです。

TAGS: Accident Annapurna Climbing Dhaulagiri Everest festival frog herbal plant in Nepal kathmandu Langtang nepal trekking

Share this